2018年7月の仮想通貨アクセス数ランキング(当サイト)です。

注目度と価格は必ずしも比例しませんが、ある程度の参考にはなりますので、急きょ企画してみました。

※当サイトは2018年にICOを行ったトークンをメインに扱っていますので、2017年までに上場した仮想通貨は専用ページ自体が存在していません。

1位:DXトークン ※DX.Exchange含む

7月のアクセス数NO1はDXトークンとなりました。

6月~7月上旬はそれほど多くのアクセス数はありませんでしたが、7月中旬から急激に伸びてきて1位となったのがDXトークンです。

2位ジャスミーとの差は僅かでしたが、DX.Exchange(取引所)があったため、その相乗効果でアクセス数が増えました。

DX.Exchange(取引所)のサービス開始&DXトークンの上場が10月に延期されたこともあり、今後もアクセス数が伸びそうな気配です。

このDXと2位ジャスミーが3位以下を大きく引き離して『2強』状態となっています。

代表ページ:

DX仮想通貨取引所(DX.Exchange)のサービス開始&DXトークンの上場が10月に延期【ナスダック】

仮想通貨DXトークン(DXコイン/DX.Exchange/DX)の価格が上昇する3つの理由【ナスダック】

DX仮想通貨取引所(DX.Exchange)の口座開設・登録方法【画像で分かりやすく解説】

仮想通貨DX(DX.Exchange)ICOは爆上げ?ICO割れ?価格は?購入するべき?【ナスダック】

2位:ジャスミー

惜しくも1位は逃しましたが、2位にはジャスミーが入りました。1位のDXトークンとは僅差でした。

DX同様に6月~7月上旬のアクセス数は少なかったものの、7月中旬から急激にアクセス数を伸ばしました。

上場がかなり先にも関わらず、注目度は急上昇しており、今後もアクセス数は伸びそうです。

価格面での期待値もDXと共にトップと言えるでしょう。

代表ページ:

仮想通貨jasmy(ジャスミー)ICOの上場時期は年内?【最新情報】

仮想通貨jasmy(ジャスミー)ICOの価格は上がる?購入した方がいい?

 

3位:FCoin Token(FT)※Fcoin Exchange含む

6月は圧倒的NO1だったFCoin Token(FT)ですが、7月上旬までは他を大きく引き離していました。

ただ、価格の下落と共に7月中旬からはアクセス数も激減、結果的にはDXとジャスミーの『2強』に大きく差を付けられた3位となっています。

今後もアクセス数の上昇はあまり期待できず、8月以降は更に減りそうな雰囲気です。

代表ページ:

Fcoinの取引高が復活!FCoin Token(Fコイントークン/FT)の配当も急増へ

FCoin Token(Fコイントークン/FT)の配当が激減!その理由は?暴落の可能性も?

 

FCoinのFCoin Token(FT)が爆上げ!莫大な権利収入と天井が見えない価格【口座開設方法】

4位:SWE

6月からアクセス数はかなり安定していましたが、7月途中からはプロモーションの影響もあってアクセスが急増しました。

上場が大幅に延期されたことから8月以降もアクセスを伸ばしそうな感じです。

代表ページ:

仮想通貨SWE(シルバーウェーブエナジー/シルバーコイン)ICOがプロモーション化?価格への悪影響は?上場も延期?

仮想通貨SWE(シルバーウェーブエナジー/Silver Wave Energy/シルバーコイン)ICOの価格は上がる?上場は?

5位:ナムコイン

7月27日の上場前後にアクセスが激増して5位に入ったのがナムコインです。

大幅ICO割れしてしまったことや、既にアクセスが減っていることを考えると、8月以降は順位を大きくアクセス数を減らしそうです。

代表ページ:

NAM COIN(ナムコイン/NAM)がBit-Zに上場も大幅ICO割れ

仮想通貨NAM COIN(ナムコイン/NAM)ICOの価格は上がる?購入するべき?上場は?

6位:オーブス

月初から月末まで常に一定のアクセスを集めていたのがこのオーブスです。

転売騒動もありましたが、特にその時期にアクセスが増えたわけではなく、毎日平均的にアクセスを集めて6位となりました。

イスラエル系で最後の砦ともいえるオーブスですが、今後も注目を集めそうです。

代表ページ:

仮想通貨ORBS(オーブス)が転売!高値での購入に注意!

仮想通貨オーブス(Orbs)ICOの価格は上がる?購入するべき?上場は?

7位:クオンタU

7月にICO割れしてしまった影響でアクセスを集めたと思われるのがこのクオンタUです。

IDEX以外に上場しているトークンとしては唯一のランクインとなりました。

代表ページ:

QUANTAU(クオンタU/QNT/QNTU)が遂にICO割れ!今後の価格はどうなる?

QUANTA(クオンタ/QNT/QNTU)がICO割れ直後に急騰!ICO価格の約2倍に

8位:ジョブコイン

全国セミナーを行っていた影響なのか、安定してアクセスを集めたのがジョブコインです。

期待値も高く、大化けも期待できるトークンです。

代表ページ:

JobCoin(ジョブコイン/JOB)が上場延期を発表

仮想通貨JobCoin(ジョブコイン/JOB)ICOの価格は上がる?購入した方がいい?上場はいつ?

9位:プーマペイ

IDEXに上場されてしまっているものの、それ以外では特に動きがないプーマペイですが、アクセスは安定しています。

IDEX以外の取引所への上場の話が出てくれば、アクセスが増えそうなトークンです。

代表ページ:

【ICO崩壊】プーマペイもセデックスも大幅ICO割れ!優良ICOでも大暴落してしまう理由とは?【ICOの真実】

仮想通貨Pumapay(プーマペイ/PMA)ICOの価格は上がる?購入するべき?上場は?

10位:プラグ

注目度や知名度の割にはアクセスが少なかったのがプラグです。

今後、複数のセールを行う影響などで、期待値が下がっているのが原因かもしれません。

代表ページ:

仮想通貨PLUG(プラグ/pl^g)ICOの上場時期が延期?

仮想通貨PLUG(プラグ/pl^g)ICOの価格は上がる?購入すべき?上場時期は?

まとめ

2018年5月はスピンドル、ウィズコイン、パトロン、ノアコイン、ワオビットなどが上位を占め、同6月はFTトークンが圧倒的な1位でしたが、7月はガラッと入れ替わっています。

特にDXとジャスミーが他を圧倒しており、注目度の高さが伺えます。

逆にFCoin Token(FT)は3位にはなったものの、明らかに勢いが衰えてきました。

4位のSWEは元々の上場予定が6~7月だったことや、突如プロモーションが始まった影響が大きいと思われます。

終盤になってナムコインが急上昇して5位に入りましたが、これは7月27日の上場によるもので、この前後数日にアクセスが集中しています。

上場済のトークンでは7位にクオンタUが入ってきましたが、これは7月になって遂にICO割れしてしまったことが大きいようです。

ちなみに、11位以下は11位WWX、12位WWBとWOW系が入り、13位はセントラリティとなっています。

全体的には未上場のトークンへの関心が高く、期待値が高い未上場トークンにアクセスが集中しました。

⇒【インサイダー情報】年内に100倍が期待できる銘柄とは?ICOの真実とは?ビットコインが過去最大の大暴落?他では聞けないインサイダー情報を『今だけ』お伝えします⇒

【インサイダー情報】ICOが壊滅状態の中、管理人が実際に購入するICOとは?今だけコッソリお伝えします⇒

今だけのインサイダー情報

  1. 現在の価格から年内に100倍以上の上昇が期待できるアルトコイン【インサイダー情報】
  2. 管理人が実際に購入するICO(現在進行形)
  3. ビットコイン&仮想通貨が過去最大の大暴落?最も危険な大暴落の陰謀とその時期&詳細とは?【インサイダー情報/コインチェック事件以上】
  4. スピンドルの大きな誤算!SPINDLEがICO割れする根本的な理由とは?【インサイダー情報】
  5. 海外取引所の隠された秘密

今だけのプレゼント!

  1. 現在のアルトコイン価格の計算方法&一瞬で価格(日本円)が分かるアプリはこちら!

読まないと損するお役立ち情報

  1. 価格が高騰するICOは最初から決まっている?
  2. 価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】
  3. 詐欺ICO・危険なICOから身を守る方法とは?詐欺ICOの特徴
  4. 日本人向けICOが大暴落する理由とは?日本企業の日本人向けICOは要注意
  5. 大幅なICO割れが続出!大暴落したICOの対処方法【価格が戻るのを待つ?売却?】