5月30日にHitBTCへ上場する予定だったWithCoin(ウィズコイン/WITH)ですが、上場が遅れています。

5月30日18時に上場予定が26時に延期も上場されず

ウィズコインは元々は5月30日18時に上場する予定でしたが、その後26時(5月31日2時)に延期されました。

ただ、26時になっても上場されず、そのまま現在に至っています。

30日の夜、HitBTCの画面上にウィズコインが一時反映されましたが、すぐに削除されています。

上場延期はよくあることですが、今後の動きが注目されるところです。

追記:5月30日26時(5月31日2時)の上場は再度延期が発表されました。

5月31日26時(6月1日2時)頃に上場か?

上場が再延期されたウィズコインですが、公式発表ではないものの5月31日26時(6月1日2時)頃に上場するようです。

ただ、今回も遅れる可能性がありますし、逆に早まる可能性もあります。

正確な上場日時を決めるのはトークン運営者(この場合はウィズコイン側)ではなく、取引所側(この場合にはHitBTC)ですので、上場に関してはウィズコイン側に決定権はありません。

これは他のトークンでも他の取引所でも同じです。

なお、HitBTCはイギリスの取引所ですので、欧州時間で考えると日本時間の夕方~早朝頃に上場する可能性が高そうです。

とりあえずは5月31日26時をベースにしながらも、早ければ今日の夕方、遅ければ明日の早朝という風に考えておけばいいでしょう。

ただし、今回も上場が再延期される可能性が普通にありますし、上場時間も流動的なことから、上場直後に売り抜けを狙うのは現実的に考えてかなり難しそうです。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒