先月、ネット上で話題となっていたPATRON(パトロン/PAT)が5月19日、HitBTCに上場しましたが、結果は予想通りの大暴落です。

高値では1PAT=約180円を付けましたが、最安値は0.09円(0.0000001BTC)と史上空前の大暴落を見せました。

PATRONはICO価格からどれだけ下がったのか?(最安値の時点)

パトロンのICOは1PAT=約15.4円~55円で、ICOの最終価格は約55円となっています。

55円で買った人は0.09円になった時、1/611になったことになります。

仮に611万円分のパトロンを購入した人が最安値で売った場合、1万円になってしまったということです。

これは滅多に見ることがない・・・というよりも上場日としては史上最大・過去最悪レベルの大暴落と言えるでしょう。

PATRONの上場後の推移(最安値の100倍以上に?)

なお、パトロンのその後ですが、約10円前後で推移しています。

一時期が約0.09円でしたので、最安値の100倍以上!となっています。

これだけ見ると「暴騰したのではないか?」と思えますが、ICOの最終価格(約55円)からは1/5.5となっています。

100万円分のパトロンを購入して場合、約18万1818円になる計算です。

2割以下ですね。

ですので、普通に『大幅なICO割れ』ということです。

PATRONはいつ売るか?

パトロンを保有している場合、「いつ売るか?」ですが、私であれば今すぐに売ります。

私自身は『上がる可能性を微塵も感じず、最初から全く興味がなかったICO』ということもありますが、将来性もなく、上昇要因が見つからないトークンですので、ICO価格の20%程度に留まっている今のうちに売却します。

今後、「仕手グループが入って爆上げ!」という可能性も考えられるトークンですが、あくまでも不確定要素です。

そのため、仕手による爆上げなどには期待せず、早めに売却しておくことが推奨となる『草コイン』といえます。

現在の価格から年内に100倍以上の上昇が期待できるアルトコイン【インサイダー情報】

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒