現在、極端なICO割れ案件が続出していますが、ICO市場が終わったわけではありませんし、悲観する必要もありません。

『良いICOだけが生き残れる時代』に入っただけです。

去年までは(上場させる気すらない明らかな詐欺ICO以外は)何を買っても上がるような状況でしたが、2018年に入ってから市場環境は一変しました。

良いICOは生き残り、悪いICOは淘汰される、正常な状態になっただけだと言えるでしょう。

価格が上昇するICOの見極め方とは?

ICOを購入する際、一般的には主に下記のような点を見るように言われています。

  • ホワイトペーパーはしっかりしているか?
  • 開発チームのメンバーは充実しているか?
  • 大手企業と提携しているか?

ただ、これらを自分で判断するのは難しいですし、「ホワイトペーパーや提携している大手企業がウソだった!」ということも少なくありません。

また、開発チームのメンバーが充実していても、それでトークンの価格が上がることが保証されているわけではありません。

そこでオススメしたいのが次の考え方です。

『上場後も保有していたい銘柄か?』

『上場後でも買いたい銘柄か?』

単純ですが、これだけです。

長期的に上昇するアルトコインとは?

通常、上場時には売り圧力が強くなり、価格の暴落が見られます。

つまり、『売りたい人』が多いわけですね。

価格は買いたい人が多ければ上がり、売りたい人が多ければ下がります。

そして、現在のICOでは売りたい人が多すぎるために、大幅なICO割れや大暴落が起きるわけです。

つまり「上場時に売ってしまおう」と考える銘柄がほとんど、ということですね。

ですので、先ほど挙げた「上場後も保有していたいICO」「上場後でも買いたいICO」というのは決して多くありません。

むしろ、極端に少ないといえるでしょう。

ですが、売り圧力の強いICO市場で、あなたが「上場後も保有していたいICO」「上場後でも買いたいICO」と思うような銘柄であれば、他の人もそう思っている可能性が高いわけです。

ですので、こういった他とは違ったICOは上場後に上昇する可能性が高いですし、長期的に上昇を続ける可能性も高いわけです。

ICOに参加する際に気を付けるたった一つのこと

あなたがICOに参加する際、もう一度心の中で自分自身に問いかけてみてください。

「このICOは上場後も保有していたいICOなのか?」「上場後でも買いたいICOなのか?」ということを。

そして、この条件をクリアしたICOのみに参加してください。

詐欺ICOに引っかかる可能性はほぼなくなるでしょうし、それどころか今までとは違った景色が見られるはずです。

管理人が実際に購入するICO(現在進行形)

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒