DX仮想通貨取引所(DX.Exchange)のオープンが近付いています。

現時点では7月25日頃にオープンする予定です。

今回はDX仮想通貨取引所(DX.Exchange)の口座開設方法についてお伝えします。

DX.Exchangeの公式サイトで「New Member」をクリックする

DX.Exchange公式サイト:https://dx.exchange/

名前、苗字、メールアドレス、パスワードを入力する

ファーストネームは名前、ラストネームは苗字です。

ローマ字で入力します。

日本在住の日本人の場合(多くの日本人が該当)には下の2つの項目にチェックを入れる必要はありません。

入力したメールアドレスにメールが届くので、Verify Emailをクリックする

国名で日本を選び、電話番号を入力する

電話番号番号は最初の「0」を入力する必要はありません。

例:090⇒90、080⇒80など

SMSに届いた数字を確認し、入力する

KYC1:住所、生年月日などを入力する

Addressには市区町村から下の住所をローマ字で入力します。

例:東京都中央区日本橋兜町2-1⇒2-1,Nihonbasi Kabutotyo

下の2つの項目にはチェックする必要はありません。

KYC2:職業などを入力する

employed   :雇用された人(会社員・公務員など)
self-employed:自営業
retired   :退職者
unemployed  :失業者

KYC2:会社名、肩書き、業種などを入力する

Name of the business:会社名
occupation:職業(肩書など)
Industry sector:業種

occupationの入力例:
管理職 :executive officer
一般社員:Office worker

KYC2:年収、投資の資金源などを入力する

Annual income:年収
Source of dealing funds:投資の資金源(投資資金の原資)
Main activity that has generated your wealth:あなたの富を生み出している主な活動

KYC3:住所証明(請求書や明細書・銀行残高証明書)と身分証明書(パスポート・運転免許証など)表裏をアップロードする

Proof of Residence:住所証明(請求書や明細書・銀行残高証明書) ※過去6ヶ月間に発行されたもの
Proof of ID:身分証明書(パスポート・運転免許証・マイナンバーカードなど) ※生年月日を含み、有効期限が切れていないもの(表裏)

※Proof of Residenceは電気、水道、ガス、電話やクレジットカードの明細などが代表的です。英字の銀行残高証明書などでも大丈夫です。
※Proof of IDは一般的にパスポート、運転免許証、マイナンバーカードの順番でオススメです。マイナンバーカードではNGになる可能性があるかもしれません。

登録完了!

以上で登録完了となります。お疲れ様でした!

DX.Exchangeのオープン時期は?

DX.Exchangeは7月25日頃にオープンする予定ですが、延期される可能性もあります。

DXトークンの配布時期は?

DXトークンは7月20日頃に配布予定ですが、延期される可能性もあります。

DXトークンの上場時期は?

現時点では不明です。

7月25日に上場する可能性もあれば、8月になる可能性もあります。

DXトークンが上場する取引所はそのままDX仮想通貨取引所(DX.Exchange)になると思われます。

その他の取引所に上場する可能性もありますが、現時点では具体的にはなっていない模様です。

DXトークンの価格は上昇する?

DXトークンの価格についてはこちらで詳しく解説しています。

仮想通貨DX(DX.Exchange)ICOは爆上げ?ICO割れ?購入するべき?【ナスダック】

仮想通貨DXトークン(DXコイン/DX.Exchange/DX)の価格が上昇する3つの理由【ナスダック】