暴落が続いている仮想通貨・ビットコイン市場ですが、この低迷はいつまで続くのでしょうか。

今回は仮想通貨市場の回復時期について考えてみます。

2019年1月下旬:

2018年12月の暴騰を期待する声もありましたが、ビットコインETF承認可否の延期に伴い、この可能性はほぼなくなりました。

そのため、最速で相場の回復が考えられるのは2019年1月下旬です。

2019年1月24日にはBakktの先物取引が開始される予定ですので、この近辺での急騰も考えられます。

ただ、2月末にビットコインETF承認可否を控えていますので、この段階での相場回復の可能性は低いといえます。

2019年2月下旬:

現実的に仮想通貨相場が回復する可能性が比較的高いのは2019年2月下旬です。

ビットコインETF承認の可否判断が2019年2月27日までに下されるため、この時期に底を打つ可能性はかなり高いと言えそうです。

ビットコインETFが承認された場合には急騰するでしょうし、非承認となった場合には暴落するはずですが、そこが底となる可能性があります。

ですので、ビットコインETFの最終結論がどちらの場合でも2月下旬に底を打つ可能性は比較的高いとみています。

2019年内:

ただし、ビットコインETFが非承認となった場合には相場の低迷が更に長く続く可能性もあります。

また、承認された場合でも一旦上昇した後、ズルズルと下落してくることも十分にあり得ます。

実際に機関投資家が市場に入ってこなければ本質的には相場は回復しませんので、彼らが市場に入ってくるまでは本格的な上昇はないかもしれません。

既に機関投資家が参入する環境は整ってきていますが、法整備までには暫く時間がかかるため、そのための時間はやはり来年いっぱいぐらいは必要といえそうです。

ですので、機関投資家が本格参入する時期=相場の回復と考えると、2019年内・・・おそらく2019年後半という結論になります。

相場がここまで冷え込んでしまった以上、早期の回復は現実的ではなく、2019年後半が最速と考えておいた方がいいかもしれません。

2020年以降:

なお、機関投資家の参入が遅れた場合には仮想通貨相場の回復が2020年以降にまでずれ込むことも十分にあり得ます。

機関投資家が本格参入してくるのが2019年なのか、2020年なのか、2021年なのか、もしくはそれよりも更に遅いのかは分かりません。

ですが、仮想通貨バブルが弾けた今、個人投資家が新規で大量に参入する可能性は極めて低いため、機関投資家の参入が相場回復の必須条件となります。

結論:

現状では仮想通貨市場の早期回復の可能性は極めて低く、回復までには長い時間がかかることが予想されます。

早ければ2019年2月に回復する可能性もゼロではありませんが、相場の回復には機関投資家の本格参入が必須となりますので基本的には1~2年、場合によっては数年かかると考えていた方がいいかもしれません。

極めて厳しい状況ではありますが、いつかは相場も回復するはずですので、安易にロスカットはせずにビットコインやリップルなど有力コインを保有し続けることが重要と考えています。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE@でお伝えしています。

友だち追加

⇒【インサイダー情報】某有名コインが○○倍に爆上げ?超大口投資家グループが今秋~今冬に意図的に爆上げさせる仮想通貨とは?【チャンスは残り僅か】⇒

⇒【インサイダー情報】上昇するICOと大暴落するICOの簡単な判別方法!ごく一部のICOが上昇した真の理由!ほぼ全てのICOが軒並み大幅ICO割れした本当の理由とは?【期間限定記事】⇒

⇒【インサイダー情報】年内に100倍が期待できる銘柄とは?ICOの真実とは?ビットコインが過去最大の大暴落?他では聞けないインサイダー情報を『今だけ』お伝えします⇒

今だけのインサイダー情報

  1. 現在の価格から年内に100倍以上の上昇が期待できるアルトコイン【インサイダー情報】
  2. 管理人が実際に購入するICO(現在進行形)
  3. ビットコイン&仮想通貨が過去最大の大暴落?最も危険な大暴落の陰謀とその時期&詳細とは?【インサイダー情報/コインチェック事件以上】
  4. スピンドルの大きな誤算!SPINDLEがICO割れする根本的な理由とは?【インサイダー情報】
  5. 海外取引所の隠された秘密

今だけのプレゼント!

  1. 現在のアルトコイン価格の計算方法&一瞬で価格(日本円)が分かるアプリはこちら!

読まないと損するお役立ち情報

  1. 価格が高騰するICOは最初から決まっている?
  2. 価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】
  3. 詐欺ICO・危険なICOから身を守る方法とは?詐欺ICOの特徴
  4. 日本人向けICOが大暴落する理由とは?日本企業の日本人向けICOは要注意
  5. 大幅なICO割れが続出!大暴落したICOの対処方法【価格が戻るのを待つ?売却?】