Wowoo第二弾のICOとなる仮想通貨WWX(Wowoo Exchange/ワオーエクスチェンジ)のICOが注目を集めています。

上場が近付いていますので、今回はこのWWX(Wowoo exchange/ワオーエクスチェンジ)について見ていきます。

WWX(Wowoo Exchange)の価格上昇要因は?

  • 最近話題の取引所トークン
  • Wowoo系が盛り上がれば必然的に価値が上がっていく
  • イギリス・香港・シンガポール・タイで取引所をオープン予定
  • 欧州&東南アジアでは最大規模の取引所になる可能性も
  • 日本企業系ICOの上場先になる可能性も

取引所のトークンのため、取引所(Wowoo Exchange)が使われれば使われるほど、WWX(Wowoo Exchange)の価値も価格も上がっていきます

また、日本企業(OKWAVE)が運営する仮想通貨取引所ということで、Wowoo系だけではなく日本企業系ICOのメインの上場先となる可能性もあります。

日本企業の仮想通貨への関心はかなり高まっているものの、日本で上場することは基本的には出来ないため、その受け皿となることが期待されている取引所です。

有力な日本企業系ICOの最初の上場先となることが多くなれば、ユーザー数も一気に増えますので、その場合にはかなり面白いことになりそうです。

WWX(Wowoo Exchange)の価格下落要因は?

  • Wowbit/Wowoo(ワオビット/ワウー/WWB)の低迷
  • 配当型取引所トークンの躍進
  • 金融庁の規制
  • 地合いの悪さ

逆に、価格下落要因としてはまず『ワオビットの低迷』が挙げられるでしょう。

Wowoo系第一弾のICOとして期待されたワオビットですが、ICO価格を大きく割れて1/4ぐらいをウロウロしていますので、このワオビットの低迷はWWXにも大きなマイナスとなります。

更に、WWXのICO時にはなかった『配当型取引所トークンの躍進』もWWXには大きな誤算でしょう。

現状ではWWXには配当はありませんので、必然的に配当型の取引所トークンに対しては分が悪くなります。

また、上場時の地合いもおそらくあまり良くないはずですので、上場時の価格に影響すると思われます。

WWX(Wowoo Exchange)の価格予想

WWXの価格予想ですが、短期ではかなり厳しい結果になりそうです。

短期では2~3倍を期待していますが、ICO割れの可能性もあります。

おそらくはICO価格前後といったところでしょうか。

一方で、中長期では10倍以上になると見込んでいます。

地合いが悪い今年は厳しいかもしれませんが、来年以降には十分に10倍以上はありえると考えています。

特に東証一部上場企業を中心とした日本企業ICOの上場先として定着した場合には、必然的にWWXが使われることになりますので、数十倍~100倍以上もありえるはずです。

WWX(Wowoo Exchange)の上場はいつ?

元々は5月頃に上場と言われていましたが、6月に延期なり、現在は7月~8月に上場と言われています。

上場先は必然的に自社取引所のWowoo Exchangeになりますが、まだスタートしていませんので、取引所のスタートが遅れれば上場も遅れることになります。

WWX(Wowoo Exchange)を購入するべき?

既に上場前の購入は出来ないと思いますが、上場後に購入するのであれば面白いと思います。

おそらく、かなり安く買えるはずですので。

短期的にはあまり上がらないと思いますが、日本企業系ICOの中心になっていきそうな感じですので、中長期では大幅に上昇していく可能性が高そうです。

ですので、上場後に安値で仕込んでおくと、1~2年後にはかなり面白いことになりそうです。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒