今年はコインテック事件が起こった1月をピークに毎月、右肩下がりで仮想通貨(暗号通貨)市場が冷え込んでいっている印象です。

そして、今月30日までに結論が出されるビットコインETF次第で更に市場は冷え込んでしまうのでしょうか

日本で最も仮想通貨市場が冷え込んだのは8月?

ビットコイン(BTC)の出来高やその他の指標など様々なデータを見ると、今年は1月から毎月のように市場が冷え込んでいった印象ですが、8月で底を打ったかもしれません。

9月になって回復の兆しも見え始めており、機関投資家などの本格参入の話もかなり聞くようになってきました。

また、8月までは相場全体が低迷していましたが、9月には時価総額3位であるリップルの暴騰や上場したMINDOL(ミンドル)の盛り上がりなど個別のコイン・トークンで大きく上昇する動きも珍しくなくなってきました。

5月から大幅ICO割れが続出し、日本では6月~8月にICOを中心として仮想通貨市場がかつてないほど冷え込んだイメージでしたが、ようやくここに来て復活の兆しが見えてきています。

ビットコインETFの可否判断延長で仮想通貨市場は更に冷え込む?

今月30日までに出されるビットコインETFの可否判断ですが、有力視されている2019年2月まで延期された場合、仮想通貨(暗号通貨)市場は更に冷え込んでしまうのでしょうか?

結論から言えば、延期された直後は冷え込む可能性はありますが、11月頃から徐々に盛り上がってくると予想しています。

ビットコインETFの可否に関わらず、ビットコインや仮想通貨に関する好材料が相次いでいるため、仮にビットコインETFが承認されなかったとしても10月中から反転してくると想定しています。

その後、11月~12月には去年同様、ある程度まで価格が上昇してくる可能性は十分にあるため、11月頃からは市場の盛り上がりも期待できます。

来年にはビットコインETFも承認されるはずですので、そこでまた爆上がり!となり、市場も盛り上がっていくはずです。

基本的には2018年8月は相場が最も冷え込んだ時期と捉えても大丈夫ですので、今後は新規参加者も徐々に増えて日本でも再び盛り上がっていくといったイメージです。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE@でお伝えしています。

友だち追加

⇒【インサイダー情報】某有名コインが○○倍に爆上げ?超大口投資家グループが今秋~今冬に意図的に爆上げさせる仮想通貨とは?【チャンスは残り僅か】⇒

⇒【インサイダー情報】上昇するICOと大暴落するICOの簡単な判別方法!ごく一部のICOが上昇した真の理由!ほぼ全てのICOが軒並み大幅ICO割れした本当の理由とは?【期間限定記事】⇒

⇒【インサイダー情報】年内に100倍が期待できる銘柄とは?ICOの真実とは?ビットコインが過去最大の大暴落?他では聞けないインサイダー情報を『今だけ』お伝えします⇒

今だけのインサイダー情報

  1. 現在の価格から年内に100倍以上の上昇が期待できるアルトコイン【インサイダー情報】
  2. 管理人が実際に購入するICO(現在進行形)
  3. ビットコイン&仮想通貨が過去最大の大暴落?最も危険な大暴落の陰謀とその時期&詳細とは?【インサイダー情報/コインチェック事件以上】
  4. スピンドルの大きな誤算!SPINDLEがICO割れする根本的な理由とは?【インサイダー情報】
  5. 海外取引所の隠された秘密

今だけのプレゼント!

  1. 現在のアルトコイン価格の計算方法&一瞬で価格(日本円)が分かるアプリはこちら!

読まないと損するお役立ち情報

  1. 価格が高騰するICOは最初から決まっている?
  2. 価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】価格が上昇するICOを見極める方法【失敗しないICOの選び方】
  3. 詐欺ICO・危険なICOから身を守る方法とは?詐欺ICOの特徴
  4. 日本人向けICOが大暴落する理由とは?日本企業の日本人向けICOは要注意
  5. 大幅なICO割れが続出!大暴落したICOの対処方法【価格が戻るのを待つ?売却?】