SEC(アメリカ証券取引委員会)によるビットコインETFの可否判断の延期(8月10日→9月30日)に伴い、急落しているビットコイン(BTC)が更に下落しています。

今日8月9日にはBTCが一時67万円台、イーサリアム(ETH)も一時3万8000円台にまで続落しました。

ビットコイン(BTC)はどこまで下落する?年初来安値の可能性も?

一時は93万円にまで上昇したビットコインがまたしても年初来安値に迫りそうな価格まで下がってきてしまいましたが、BTCの下落はまた続く可能性もあります。

強力なサポートラインが60万円~64万円に何本かありますので、普通に考えれば今回もここで反転する可能性は高いです。

ただし、このラインを突破されると40万円~50万円にまで下がる可能性も出てきます。

とはいえ、今回の一連の下落は一時的ですので、ビットコインは焦って売らずに保有しておくことを推奨します。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒