9月のハッキング事件により3回目の業務改善命令を受けた仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)が新規の会員登録の受付を一時中止すると発表しました。

詳細はプレスリリースをご覧下さい。

Zaif(ザイフ)の今後はどうなる?入手金再開はいつ?

日本の取引所の中では取引量がかなり多く、イーサリアムなども取引所で購入できた(コインチェックとビットフライヤーは交換所で購入)ことから中級者以上に特に利用者が多かったザイフですが、今回の件でザイフが使えなくなり困っている人も多いようです。

既にJASDAQ上場企業・株式会社フィスコのグループ企業から50億円の支援を受けることも発表されており、倒産する可能性は低いと言えるでしょう。

ただ、3月、6月、9月と業務改善命令を3回も受けているため、本格的に再開するまでにはかなり時間がかかるかもしれません。

コインチェック事件を参考にすると、まずは入出金の再開から始まりそうですが、最低でも1ヶ月~2ヶ月程度はかかると考えていた方がいいでしょう。

取引再開は更に時間がかかりますので、年内に再開できるかどうかも微妙と言えるでしょう。

今後はザイフ以外にも『取引所』で多くのコインを扱う日本の取引所が増えてくるはずですので、今後はそういった取引所を活用するのもいいと思います。

今後は大手企業が続々と参入してくるため、日本の仮想通貨取引所はかなり使いやすくなってくるはずです。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒