仮想通貨取引所『Zaif』の運営会社変更に伴う『承継同意に関する手続き』は11月21日までとなっています。

『Zaif(ザイフ)』はテックビューロ株式会社から株式会社フィスコ仮想通貨取引所に譲渡されることが決定していますが、これに伴い私たちユーザー側の対応が必要になります。

11月21日までに承継同意しなかった場合にはどうなる?

11月21日までに承継同意しなかった場合についてですが、テックビューロ株式会社は

弊社の都合で恐れ入りますが、弊社は、本件譲渡後、

仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定ですので、

Zaif事業に関するサービスを皆様にご提供できない可能性が高いと考えております。

また、現在の弊社の財務状態に鑑みますと、本件譲渡を承諾されなかったお客様が、弊社に対して、

弊社に預託している仮想通貨の返還請求その他の請求を 行ったとしても、

弊社がこれらの請求に対応できない可能性があることについてあらかじめご了承くださいませ。

としていますので、不利益を被る可能性が高いです。

Zaif(ザイフ)の仮想通貨流出に直接関係なかった場合でも、アカウントを持っている場合には早めに承継同意しておいた方がいいでしょう。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒