本記事では、富裕層や仮想通貨で稼ぎまくっている投資家たちの間で今後の価格上昇が期待されているWoToken(WOR)の登録方法についてお伝えします。

プラストークン問題の影響により、一般的には「終わった」などと思われているWoTokenですが、実際には大幅な価格上昇の期待がかかっています。

本記事ではWoTokenの実態についてお伝えしていきます。

プラストークン問題でなぜWoTokenが最も大きな影響を受けた?他の配当型ウォレットよりレベルが低いのでは?

配当型ウォレットで最大のプラストークンが6月27日に突如、出金停止となり、配当型ウォレット全体にも影響が及びます。

その中でも最も大きな影響を受けたのがWoTokenですが、これは純粋に登録者数が多かった(プラストークンに次ぐ60万人以上)ためです。

そして、多くのユーザーが一斉に出金申請をしたため、出金に対して対応せざるを得ない状況に陥りました。

他の配当型ウォレットは人数的にはあまり多くないため、一斉に出金されてもそれほどの金額にならたないため、大きな影響は受けなかったのが実情です。

また、プラストークンとWoTokenはユーザーがかなり被っており、WoTokenをやっている人の多くがプラストークンもやっていたため、出金申請に拍車がかかったという面も大きいです。

ただし、結果的にはいち早く『配当型ウォレット』から抜け出せたため、「飛ぶ」可能性は極めて低くなりました。

WoTokenはいつ飛ぶの?

プラストークン問題で最も大きな影響を受けたのがWoTokenだったことから、「WoTokenはいつ飛ぶの?」と思っている人が多いかもしれませんが、この可能性は極めて低くなったと考えています。

飛ぶのであれば、

・6月末(プラストークンが出金停止した時)
・7月初旬(プラストークンの問題が大きくなり、出金依頼が激増した時)
・7月中旬(プラストークン問題の影響により、大幅なルール変更を行った時)

など飛ぶ時期はいくらでもありました。

ですが、現実としてWoTokenは飛んでいませんし、より資金を投入してアプリのアップグレードや自社取引所の開設などお金のかかることをしています。

もしも飛ぶのであればこのようなお金のかかることはしませんし、6月末~7月中旬の最も苦しい時期にさっさと飛んでいるはずです。

ですので、一般的な配当型ウォレットとは異なり、「飛ぶ可能性は極めて低くなった」と考えています。

WoTokenはもはや配当型ウォレットではない?もう終わった配当型ウォレットなの?

WoTokenも以前は典型的な配当型ウォレットでしたが、7月17日以降は自社取引所(WOEx)がメインとなっています。

他の配当型ウォレットがあくまでも『新規ユーザーを獲得し続けないと破綻する』のに対して、自社取引所(WOEx)がメインのビジネスとなったWoTokenにはこの心配がなくなりました。

50万人以上が利用している自社取引所(WOEx)の手数料収入はかなりの金額になるはずですし、7月16日以前のWoTokenウォレット登録者への配当が全額ロックされていますので、ユーザーへの毎日の払い出しも一旦リセットされてゼロになったことも極めて大きいです。

要はプラウトークンをモデルとした『配当型ウォレット』としての役割はほぼ終えたものの、仮想通貨取引所ビジネスにステップアップしたわけですので、もはや他の『配当型ウォレット』はライバルでも何でもないわけです。

※ここを同じと考えている人が「WoTokenは終わった」と言っているわけです。

これによりWoToken(=WOEx)のライバルはバイナンスやBitMEX、Huobi、Bittrex、OKExといった仮想通貨取引所となり、WOExは1年以内に世界の仮想通貨取引所のトップ10に入ることを目指しています。

WoTokenはWORの価格を上げるしかない?

※上記の画像はイメージ画像です。WORではありません。

そして、自社取引所(WOEx)がメインビジネスとなったWoTokenは、取引所トークンであるWORの価格(=価値)を引き上げることが必須となります。

取引所トークンの価格が上がっている取引所には人も資金も集まり、仮想通貨取引所として急成長しています。

逆に、取引所トークンの価格が上がらない取引所は没落するしかありませんし、実際に取引所トークンの価格(=価値)が上がらない取引所は衰退の一途を辿っています。

ですので、WoTokenとしては自社取引所(WOEx)を成長させることが必須であり、そのためには取引所トークンであるWORの価格を上げることが急務となります。

『WORの価格上昇が最優先』ということはWoTokenの運営自体もリーダー達に明言していますので、WoTokenとしては最優先事項となります。

WoTokenにWORの価格を上昇させる資金はあるの?

取引所トークンが価格上昇するためには初期段階では、取引所自体が価格を上げていく必要があります。

その中で自然とユーザーが取引所トークンを買い、価格が益々上がっていくケースが多いです。

では、WoTokenがWORの価格を上げることが出来るのかと言えば『可能』です。

WoTokenの運営には約580億円の資金があり、7月17日以降にはWoTokenユーザーへの配当の支払いが激減していますので、資金は豊富です。

更にWORの総発行枚数5億枚のうち約4億5000万枚近くがロックされており、市場に出回っているWORは5000万枚+αとかなり少ない枚数となっています。

これが数十億枚~100億枚といった膨大な枚数であれば、運営自身による価格上昇は困難ですが、5000万枚程度であれば580億円の資金を持つWoTokenにはWORの価格上昇は難しいことではありません

WORの価格が暴落していますが?価格は上昇するはずなのでは?

WORの価格は8月中旬に暴落しています。

ですので、こう思うはずです。

「WORの価格は上昇するはずではなかったのか?」

本来はそのはずでしたが、米国SECから思わぬ横やりが入りました。

WOExは米国MSBライセンスを取得しているため、米国SECの管理下となりSECのチェックにより「価格介入が出来ない状態」となっています。

ただ、これだとWORの価格を上げたいWoTokenの運営自身が困るため、カナダのライセンス取得や他の取引所経由で買い上げを行うなど、何らかの方法で『WORの価格介入』を行うとのことです。

・カナダのライセンス取得予定
・WOExの大幅アップグレード(WOEx2.0)
・WoTokenアプリの大幅アップグレード
・オーストラリアの取引所に上場予定

この辺が予定されていますので、これらと絡めて価格の上昇を行ってくると思われます。

WORの価格はどこまで上昇する?

※上記の画像はイメージ画像です。WORではありません。

WORの価格ですが、WoTokenの運営では10月末までに10ドルにすることを目標としています。

ただし、SECによるチェックが入ったため、10月末より遅れる可能性も十分にあります。

しかも10ドルは最終目標ではなくあくまでも第1目標ですので、本当に10ドルにまで達した場合にはそれ以上になる可能性が高いです。

WORの現在の価格は本記事執筆時点で0.04ドル前後ですので、10ドルになった場合には実に250倍となる計算です。

最低運用額の1000ドル分(約10万6000円)だけでも買っておけば、WORが1ドルになればWoTokenの配当(月利10%)だけでも生活できますし、10ドルになれば富裕層みたいな収入になります。

計算すれば分かりますが、1万ドル分(約106万円)を購入すればWORが1ドルでも富裕層レベルの配当収入になります。

余談ですが、発行枚数が同じ5億枚のプラストークンは最終的に約140ドルとなっています。

WORの暴落時には誰が買っていた?

8月中旬のWORの暴落時、一体誰がWORを買っていたのでしょうか?

普通に考えれば運営ですが、運営はSECのチェックにより価格介入できないため、必然的に『運営以外』ということになります。

この答えですが、『情報を持っている人』や『スーパートレーダー』です。

特に『運営から直接情報をもらっている人』ですね。

日本人にはWoToken運営の会議に参加できる『3スター以上』は1人もいませんが、海外には3スター以上が多数いますので、彼ら3スター以上や彼らから『情報を受け取っている人』が暴落時に『安値で買い漁っている』と考えられます。

一般人(特に日本人)は狼狽売りし、情報を持っている一部の人間だけが『バーゲン価格で買っている』わけです。

本当に運営によるWORの買い上げはあるの?騙されてるんじゃない?

そうは言っても、「本当に運営はWORを買い上げるの?騙されてるんじゃない」と思うことでしょう。

当然、その可能性はあります。

・運営が3スター以上を騙している
・3スター以上が自身の紹介者たちを騙している
・運営は買い上げを予定しているが、残念ながら上手くいかなかった

これらは当然、あり得ることですし、考えに入れておくべきことです。

投資に絶対はありませんので、『絶対に上がる』などということはありません。

当然、購入した価格から大幅に下落する可能性もありますし、ほぼ無価値になる可能性もゼロではないでしょう。

ですが、それらを考慮した上でも今回のWORへの投資は魅力的です。

客観的に見ても『五分五分』ぐらいの確率はあると思いますし、実際にはそれ以上だと考えています。

宝くじを買ってもほぼお金を捨てるだけですが、WORの場合にはそれよりも遥かに高い確率で大金を手に入れられる可能性があります。

ですので、勝率50%の宝くじと考えると、WORの可能性がよく分かるかと思います。

しかも、WORをWoTokenアプリ(ウォレット)に入れておけば月利10%になりますので、WORが大幅に上昇した場合にはWORの配当のみで生活が出来るはずです。

今となってはここまで上昇する可能性のある仮想通貨もないと思いますので、期待値は極めて高いです。

資金がない場合には最低運用額の1000ドル分(約10万6000円)、ある程度資金に余裕がある場合には1万ドル分(約106万円)でもWORを買って、WoTokenアプリ(ウォレット)で運用しておけば近い将来、物凄いことになるかもしれません。

※投資は自己責任でお願い致します。

WORを購入する場合にはWoTokenアプリ(ウォレット)で運用するのがお得ですので、アプリの登録方法などは下記を参考にしてみてください。

WoTokenのアプリ登録方法

まず大前提として、WoTokenアプリはパソコン(PC)では登録できず、スマホ(iPhone、アンドロイド)限定のアプリ(ウォレット)となります。

※WoTokenの取引所であるWOExはWEB版もありますので、パソコンからも利用可能です。

WoTokenアプリの公式サイトにアクセスする

まずは公式サイトにアクセスして、WoTokenアプリをインストールします。

⇒公式サイト(ダウンロードサイト):https://wotoken.pro/

アンドロイドは左側、iPhoneは右側をタップしてDLしてください。

※アンドロイドの場合、グーグルクロームで開いてください。

WoTokenアプリをインストールする

・iPhoneの場合は右側のiPhone版(リンゴのマーク)、アンドロイドの場合には左側のアンドロイド版をタップする

・「キャンセル」「インストール」が表示されるので、「インストール」をタップする

※「設定を開いて構成プロファイルを表示しようとしています。許可しますか?」と表示された場合には「許可」をタップする

デバイスを許可する

上記でインストールまでは完了しましたが、このままアプリをクリックしても起動しません。

ですので、アプリの起動を許可する必要があります。

・「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」の順番でタップする

・「CAMSERVE OU」をタップする ※この部分は定期的に変わりますが、やり方は同じです。

・「CAMSERVE OUを信頼」をタップする ※この部分は定期的に変わります、やり方は同じです。

・「信頼」をタップする

上記画像のように「検証済」となればアプリが起動できるようになります。

なお、上記はiPhoneの場合ですので、アンドロイドの場合の設定方法にはこちらを参照してください。

WoTokenアプリを起動する

・「WoToken」を書かれたアプリをタップする

・「登録」をタップする

登録画面で各項目に入力する

登録画面で各項目に入力します。

下記の順番で入力すると分かりやすいです。

【1】国籍は「日本」を選択する

【2】ログインパスワードを設定し、入力する ※ログイン時に必要

【3】2のログインパスワードを再度、入力する

【4】支払いパスワードを設定し、入力する ※仮想通貨・トークン関連で必要、ログインパスワードとは別のパスワードを設定する

【5】4の支払いパスワードを再度、入力する

【6】招待コード:mPxRPbxcuHを入力する ※招待コードがないと登録できない

 

mPxRPbxcuH

 

【7】スマホの携帯番号(先頭の0を除く)を入力する ※この番号に【8】のSMS認証コードが送られる

【8】「認証コードを送信」をタップする

【9】SMSに送信された「認証コード」を入力する ※例:上記の画像では「463512」

【10】「確定」をタップする

助記詞をバックアップ&入力する

次に10個の助記詞(英単語)のバックアップを行います。

・次の画面で入力するため、10個の助記詞(英単語)をメモしておく ※キャプチャーもしておくのがベスト

・メモする順番は下記の画像を参照

・「確定」をタップ

・バックアップした10個の助記詞(英単語)を順番に入力する

※最初の数字文字を入力すると「候補の単語」が現れるので、順番に選択(タップ)していく

・10個全ての助記詞(英単語)を入力&選択した後に「確定」をタップする

少し分かりにくいかもしれませんので、焦らずに入力してください。

キーのバックアップをする

表示されている「キー」のバックアップを行います。

・「キーをコピーする」をタップする ※キャプチャーもしておくのがベスト

なお、このキーはウォレットの復元に必要となりますので、絶対に第三者に教えないでください

お疲れ様でした。これで『アプリの登録』は完了となります。

WOExにログイン&WORを購入する

続いて、WoTokenの取引所であるWOExにログインします。

⇒WOEx公式サイト(ログインページ):https://www.woex.pro/login

【アプリ版】

WOExにはアプリ版もありますので、必要に応じてご利用ください(WEB版だけでも大丈夫です)。

⇒iPhone版ダウンロードページ

⇒アンドロイド版ダウンロードページ

その他、WOExの詳細については下記の外部サイトを参考にしてください。

⇒WOExの登録方法&WORの購入方法(外部サイト)

WoTokenアプリの運用方法

続いてはWoTokenアプリの運用です。

当然ですが、登録しただけでは1円も増えませんので、運用を開始する必要があります。

今までに仮想通貨の売買を行った方であれば簡単ですので、安心してください。

アプリにログインする

登録直後はログインした状態のままですので、この操作は不要ですが、一度ログインした場合にはログインが必要となりますので、下記を参考にしてください。

・アプリをタップする

・「ログイン」をタップする

・ログインアカウントを入力する

ログイン時のアカウント名は登録時に入力した携帯番号(最初の0を除く) ※例:9000000000(携帯番号が090-0000-0000の場合)

・右側に表示されている認証コードを入力する ※例:上記画像の場合には1807

・ログインパスワードを入力する

ログイン時のパスワードは登録時に入力したログインパスワード

・「確定」をタップする

ログアウトの方法

・「本人」をクリック

・右上にある矢印のマークをタップ

WoTokenアプリへの入金方法、運用開始方法

WoTokenアプリへの入金方法、運用開始方法については下記の外部サイトをご覧ください。

⇒WoTokenアプリへの入金方法、運用開始方法(外部サイト)

WoTokenアプリからの出金方法

WoTokenアプリからの出金方法は下記の外部サイトをご覧ください。

⇒WoTokenアプリの出金方法(外部サイト)

WoTokenアプリのメンテナンスについて

WoTokenアプリはバージョンアップなどのためメンテナンスを定期的に行っています。

その際にはログインが不可となり、下記画像のように「ネットワークの品質が悪いです。後でやり直してください」と表示されます。

メンテナンスは1日程度行われることもありますが、期間中も配当は普通に入ってきますのでご安心ください。

なお、バージョンアップの際には「ネットワークの品質が悪いです。後でやり直してください」の表示が続く場合があり、この際にはWoTokenアプリを一度削除し、再インストールすることで解決します。

【重要】再インストールの際には必ずログアウトしてください。セキュリティチェックが厳しいため、ログアウトしないまま再インストールすると一時的にロックされる可能性があります。

まずは公式サイトにアクセスして、WoTokenアプリをインストールします。

⇒公式サイト(ダウンロードサイト):https://wotoken.pro/

アプリを再インストール後、ログイン画面からログインできますので、ログインしてからアプリを運用してください。

なお、ログイン時のアカウント名は登録時に入力した携帯番号(最初の0を除く) ※例:9000000000(携帯番号が090-0000-0000の場合)、ログイン時のパスワードは登録時に入力したログインパスワードとなっています。

ログインアカウントは今お使いの携帯番号(最初の0を除く)ですので忘れることはないでしょうし、万が一ログインパスワードを忘れても再設定できますので、焦らずにログインしてみてください。

【重要】再インストールの際には必ずログアウトしてください。セキュリティチェックが厳しいため、ログアウトしないまま再インストールすると一時的にロックされる可能性があります。

専用メルマガにご招待

WoTokenアプリはメンテナンスが多く、「ネットワークの品質が悪いです。後でやり直してください」と表示されることも多いです。

そのため、不安になってしまうこともあるかもしれませんが、そういった情報も入り次第、お伝えいたします。

アップデートなどがあった際にもお知らせ致します。

また、一般には出回っていない極秘の情報も入ってきますので、そういった情報も入り次第、全てお伝えしていきます。

もちろん、当サイトからの招待者限定ですので、招待コード(mPxRPbxcuH)は入力を間違えないようにご注意ください。

 

mPxRPbxcuH

 

⇒専用メルマガ登録フォーム