9月18日に上場が予定されていた仮想通貨テロメアコイン(Telomere/TXY)の上場が10月10日に延期されたことが明らかになりました。

大手の取引所に上場するとのことです。

テロメアコイン(Telomere)の上場延期の影響は?

9月30日にはビットコインETFの可否が出るため、上場を10月に延期したのは賢明だと言えるでしょう。

9月18日に上場した場合にはICO割れがほぼ確実でしたが、9月中にビットコインETFが可決された場合には上場時にICO価格の数倍になる可能性もありそうです。

どちらにしても9月18日に上場した場合には悲惨な結果になったはずですので、上場延期は良かったと言えるでしょう。

今後、他のICOでも上場延期が相次ぐことが予想されますが、この地合いで上場してもICO割れするだけですので上場延期は前向きに捉えた方がいいですね。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒