当初は8月10日に予定されているSEC(アメリカ証券取引委員会)によるビットコインETFの可否判断が9月末まで延期することが発表されました。

このためビットコイン(BTC)は71万円台にまで下落、ドル建てでも6500ドルにまで下落しました。

ビットコイン(BTC)の今後の価格は?

短期的には1BTC=60万円~64万円ぐらいにまで下がる可能性があります。

8月は上昇トレンドへの転換も期待されていましたが、どうやら当面は下落トレンドが続きそうです。

また、そうなった場合にはアルトコインはビットコイン以上に下落しますので、今のうちに一時的にBTCに両替しておくのもアリでしょう。

ビットコインに関しては焦って売らないことが重要です。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒