年始からは40万円~44万円程度で推移していたビットコインが1月10日午後、同11日0時過ぎに急落、39万円台となりました。

当面の下落メドは35万3000円ですが、ここを突破されると28万7000円にまで暴落する可能性があり、更に22万円にまで下落する可能性もあります。

逆に上昇した場合には44万4000円まで上がる可能性もありますが、この価格が強力なレジスタンスラインとなっているため、短期的にはそれ以上の上昇は難しそうです。

現状では売り目線が優勢のため、戻り売りの動きが強くなりそうです。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒