最近はICO価格の1%~50%といった大幅なICO割れとなる銘柄が続出していますが、これらのICOにはある特徴があります。

その特徴を知ることで、これらの詐欺ともいえるICOに手を出さず、大きな痛手を受ける可能性を大きく減らすことが可能です。

詐欺ICO・危険なICOの特徴

世間では「上場する=詐欺ではない」という風潮がありますが、当サイトでは『運営側が利益を得ることだけを目的としたICO』を詐欺ICO・危険なICOとしています。

これらは上場こそしますが、『最初から上がる見込みのないICO』ですので、上場後には当然のように暴落していきます。

これらのICOですが、以下のような特徴があります。

 

『日本のネット起業家が関与している』

 

分かりやすく言えば、これだけです。

彼らはマーケティングが上手いため、ゴミのようなICO案件でも『凄そうなICO』に見せることが出来ます。

『石ころをダイヤモンドのように見せる』というやつですね。

極端な煽り文句には要注意

「日本のネット起業家が関与しているかどうかわからない」という人も多いと思いますので、簡単に分かる方法をお伝えします。

それは『極端な煽り文句』です。

  • 100倍確定ICO
  • 今年最高のICO
  • ワールドクラスのICO
  • 世界最高峰のICO
  • 国宝級のICO
  • 今世紀NO1のICO
  • 世界一のICO
  • 地球で最も凄いICO
  • 宇宙最強のICO

などなど。

少し考えればどう見ても怪しいことが分かりますが、こういった詐欺ICO・危険なICOにお金を入れて大きな損失を被っている人が多いのが現状です。

危険なICO情報はどこから入ってくるか?

詐欺ICO・危険なICOは最終的にはランディングページ(LP)と呼ばれる縦長のページに飛ばされますが、一体どこからこれらの情報があなたの元に入ってくるのでしょうか。

経路は色々とありますが、その多くは次の通りです。

  • メールマガジン(メルマガ)
  • LINE@
  • ユーチューブ
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • サイト・ブログ(特にネットビジネス系)

ほとんどはメルマガとLINE@ですが、最近ではYouTubeも活用しているのが大きな特徴です。

また、Twitterを中心としたSNSのICO情報も危険なものが多いです。

危険なICO・詐欺ICOから身を守る方法とは?

詐欺ICO・危険なICOから身を守る方法ですが、「日本のネット起業家」の情報を遮断することがベストです。

彼らの薦めるICOが全員、詐欺ICO・危険なICOというわけではありませんが、結果的に大損する可能性が極めて高いため、彼らから情報を得ないことが一番です。

※中には素晴らしいネット起業家の方々もいますが、多くの詐欺師の中からそういった誠実な方を探すのは極めて難しいのが現状です。

ですので、「100倍確定ICO!」など過剰に煽っているサイトを見つけたらそれ以上読まないことをオススメしますし、メルマガやLINE@、ユーチューブ、ツイッター、フェイスブック、ネットビジネス系のサイト・ブログなどからICO情報を取ることもやめた方がいいでしょう。

優良なICO情報は一般人には入ってこない

基本的に優良なICO情報は一般人には入ってこないですし、ましてや優良なICO情報をネット起業家が紹介することもありません。

彼らが紹介しているのは『一般人にしか売れないICO』のみです。

優良なICO情報はまずは大富豪など本物の大金持ちに回り、その後で大口の投資家・組織に回ってきます。

そして、そこで終わりです。

ですので、一般人が優良なICO情報を得るためには『大口の投資家・組織』から情報を得るしかないわけですが、これも極めて難しいと言えるでしょう。

他人に優良案件を紹介してくれる本物の投資家・組織は僅かしかいませんし、そういった方々を見つけるのは至難の業ですので。

ですが、当サイトにはそういった本物の投資家・組織から情報が入ってきますので、公開できる情報はあなたにもお伝えしていきます。

管理人が実際に購入するICO(現在進行形)

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒