10月に上場予定だった仮想通貨JobCoin(ジョブコイン/JOB)の上場が再び延期、11月~12月頃に上場する方針であることが発表されました。

地合いが悪いため、11月~12月頃に上場を遅らせるとのことです。

JobCoin(ジョブコイン)はビットコインETFを否認と想定

9月30日までにはビットコインETFの可否が出されますが、ジョブコイン側は今月のビットコインETFを『否認』と想定していることです。

※ジョブコイン側が想定している『否認』が非承認のことなのか、2019年2月や2018年12月への延期なのかは不明です。

このため、10月は仮想通貨(暗号通貨)市場全体が低迷することを想定し、11月~12月頃に上場を延期するとのことです。

仮想通貨市場の地合いが11月~12月も悪ければジョブコインの上場は再度延期?

ジョブコインは当初、6月に上場する予定でしたが、地合いが悪いためにこれまでに何度も上場を延期しています。

そのため、(ジョブコイン側からの発表はありませんが)11月~12月も地合いが悪いと判断した場合には上場を2019年以降に再度延期する可能性が高いと思われます。

基本的には地合いが良くなければ上場しない方針のようですので、ジョブコインがICO割れする可能性はかなり低く、逆にICO価格の数倍以上になる可能性が高そうです。

https://crypto-currency.sakura.ne.jp/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8jobcoin%EF%BC%88%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-job%EF%BC%89ico%E3%81%AE%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%81%AF%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B%EF%BC%9F