下落が続いているビットコイン(BTC)が9月9日早朝に急落、一時68万円台まで下落しました。

また、直近では2万4000円~2万5000円で推移していたイーサリアム(ETH)は一時、2万円台まで暴落しています。

ビットコインの下落は大口の仕掛け?

今回のビットコインの下落は特にこれといった理由がなく、例によって大口の仕掛けによるものと思われます。

現在は70万円台まで回復していますが、ビットコインETF可否が出される9月30日までは大口の仕掛けるによる乱高下が続くと思われます。

SECの新執行委員にビットコインETFに好意的な人物が承認、9月30日に可決の可能性も?

イーサリアムは長期的に下落の可能性も

その一方で心配なのがイーサリアムの大暴落です。

現状では売り圧力が以上に強く、ICOの各プロジェクトもETHの現金化を進めています。

これによって価格が益々下がりますので、それによって個人投資家も売却するという悪循環が続いています。

ICO需要によって伸びてきたETHですが、そのICOバブルが終わった今、当面は厳しい状況が続きそうです。

現状ではすぐに上がる気配がなく、逆に更に値を下げそうな気配です。

BTCの価格が70万円前後だったとしてもETHは2万円割れ、場合によっては1万5000円割れも十分にあり得ますので、十分に気を付けた方がいいでしょう。

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒