長い低迷が続いている仮想通貨(暗号通貨)市場ですが、特定の条件が揃った場合には爆上げとなるコインがあります。

現在の仮想通貨全体の時価総額を超える資産(数十兆円)を持つと言われる欧米の超大口投資家グループが仕掛けるもので、短期、中期、中期と3つのインサイダー情報が入っています。

仮想通貨全体の時価総額を超える資産を持つこの超大口投資家グループが本気で動いた場合にはそのコインの価格は彼らの思うようになってしまうため、いくつかの条件が揃った場合には極めて高い確率で仕掛けてくると聞いています。

某有名コインのインサイダー情報(概要)

1、短期:○倍~○倍以上(可能性:高)

2、中期:○○倍~○○倍以上(可能性:高)

3、中期:○○倍~○○○倍以上(可能性:中)

「1」と「2」は仮想通貨市場が崩壊しない限り、高い確率で起こるはずです。

「3」は起こるかどうか微妙ですが、起こった場合の破壊力は「1」や「2」の比ではありません

これらは全て同じ仮想通貨なのですが、当サイトの中でも最も質の高いインサイダー情報と言えるでしょう。

特に「3」が起こった場合には一撃で資産を劇的に増やす人が続出するはずです。

投資額が多めの場合にはこれだけで『人生上がり』になるかもしれません。

「2」の場合にもかなり資産が増えますので、もしも「3」が起こらなくても、資産を飛躍的に増やすことが可能です。

超インサイダー情報のためサイト上では公開できません!

こちらの情報ですが、当サイトの中でも最も秘匿性の高いインサイダー情報となっているため、サイト上では公開できません

ですので、今回のインサイダー情報を知りたい方には下記のLINEでお伝えしていきます。

インサイダー情報を活かすためにはタイミングが重要となりますので、時期が来た時にリアルタイムで配信しますが、コイン名やその詳細は登録直後にすぐお伝えします

※爆上げが起こってしまった後では全く意味がないため、その際にはこの記事自体を削除します。ですので、期間限定記事となっています。

友だち追加

上記からLINEに友だち追加した後、メッセージで下記のキーワードを入力し送信してください。

爆上げ

爆上げと入力&送信して頂くと、『爆上げするであろう有名コイン名とその詳細』が届きますので、そちらからご覧になって頂ければと思います。

友だち追加

※仮想通貨取引のインサイダー情報が禁止される日が近付いていますので、インサイダー情報をお伝えできるのも残り僅かです。今ならまだ間に合います。

仮想通貨取引、インサイダー禁止 業界団体が自主規制案

2018/6/19付

日本経済新聞 朝刊

無秩序だった仮想通貨業界の管理体制が一歩強化される。

業界団体の日本仮想通貨交換業協会(JVCEA、奥山泰全会長)が自主規制案をまとめた。

仮想通貨交換会社の内部者による事前に得た情報を基にした取引を禁じ、取引記録の追跡が困難な仮想通貨の取り扱いもやめる。

金融商品取引法上のインサイダー規制とは異なるが、今後罰則規定も議論し業界として拘束力ある規則を目指す。

友だち追加

【ICO】セントラリティ、ノアコイン、クオンタUが上昇した真の理由!それ以外のトークンが大幅ICO割れした真実とは?

現在の価格から年内に100倍以上の上昇が期待できるアルトコイン【インサイダー情報】

※上記の仮想通貨に関する情報の詳細は下記の当サイトLINE公式アカウントでお伝えしています。

友だち追加

⇒【月利10%~12%】富裕層や仮想通貨の大物投資家たちが『今』秘かに投資している案件とは?【最も安定した投資】⇒